アパート管理の考え方

賃貸経営において何が一番重要かと尋ねられたら皆様はどう答えられますか?

不動産に関する知識

金融に関する知識

キャッシュフローに関する知識

とうぜんこれらの知識が重要だと思いますが、

何よりも重要なのはこうした知識に基づいた賃貸管理を行う事が一番重要と言っても

過言ではありません。

賃貸管理が悪い事で
「入居者が決まらない」「入居者からのクレーム」「滞納が増えてしまう」が発生して

最終的に収支に影響を与えてアパート経営に影響を与える事になります。
賃貸管理を適正に行う事で「入居者の方が快適に生活できる環境を作る」事ができ

安定的なアパート経営を行う事ができます。

下記に賃貸管理状態が悪い例を紹介させて頂きます。

賃貸管理状態が悪い例
[check]チラシが散乱している
[check]ポストにガムテープが貼ってある。はがした跡で汚れている
[check]誇りをかぶった未使用の自転車が放置されている
[check]ゴミ置き場がゴミで散乱している
[check]エレベータに傷や、落書きがある
[check]空室に入ると排水等の臭気がする
[check]空室の洗面所、トイレに水垢がある
[check]案内用の鍵が無防備に設置されている

悪い賃貸管理を「常態化」にしないためにも、「信頼できる賃貸管理会社に委託をする」「定期的に現地確認の報告を受ける」事が重要です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事