分譲住宅では定期的に行われる排水管洗浄ですが、

賃貸住宅では定期的に行われるケースは少ないのではないでしょうか。

排水管洗浄を行った方が良い症状
1.排水の流れが悪い
浴室やキッチンの水の流れが悪い、水はけが悪い
2.排水口からの匂い
浴室やキッチンを使用していない時に匂いがする
3.キッチンのシンク下から下水の匂いがする
4.排水口から害虫の発生
排水口からコバエなどが発生する

特に3点ユニットの場合、トイレ、浴室、洗面の排水が
同じ配管を通る構造のため詰まるケースが多いようです。

また住居の排水管は上階とつながっているため、下階の排水管が
詰まっていると、上階の排水が下階の排水口から水が溢れてくると言う症状も発生します。

今回、残念ながら管理をさせて頂いている物件で発生してしまいました。


赤さびなどで水が濁っています。


まずはトーラーで排水管の詰まりを除去します。

排水管の詰まりは該当箇所が目視できないので手探りで
施工して行くことになります。


様々な事を試しても該当箇所がわからないので、
カメラを使用して排水管の何処で詰まっているか確認をします。


上からトーラーを通しても詰まりが解消できなかったため、
汚水桝から高圧洗浄を行っていきます。


最後にユニットバスから高圧洗浄を行います。


最後に汚れている水をすべて洗い流し完了です。

1棟マンション、アパートで1住戸4,000円位からできるので、
定期的に行った方が良いと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事