アパート管理変更の効果は!?

日本AMサービスでは賃貸経営者の皆様の利益の最大化を念頭に活動をしております。

アパート管理を変更するとなると「今の管理会社に悪い」「手続きが面倒」など

思われている方がいらっしゃると思いますが、本音はもっとしっかり管理をして

欲しいと考えている大家さんが多いのも事実です。

今回は日本AMサービスにアパート管理変更をし、どの位の固定費が削減できたかを

ご紹介させて頂きます。

物件A 総戸数33戸 ワンルーム

まず建物管理費を見直しさせて頂きました。

旧管理会社の建物管理費日本AMサービスの建物管理費
年額879,200円年額396,000円
※消防設備点検、受水槽清掃を含む消防設備点検 年2回77,000円
受水槽清掃 年1回49,500円
年額 合計522,500円

毎年の固定建物管理費を年額356,700円削減できました。

次にPMフィーの見直しを行いました。(賃料入金額は月額で1,200,000円)

旧管理会社PMフィー日本AMサービスPMフィー
入金額の5.0% 月額66,000円 入金額の3.5% 月額46,200円
年額792,000円年額554,400円

毎年のPMフィーを年額237,600円削減できました。

建物管理費及PMフィー併せて合計594,300円の削減ができた事になります。

また旧管理会社は入居者の更新料をそのまま更新事務手数料として受領をしておりましたが、

当社では更新事務手数料を1件22,000円とさせて頂きましたので、入居者の方から得た更新料との差額が大家さんの収入になります。

この様にアパート管理変更する事でキャッシュフローの改善を行う事が可能です。

日本AMサービスはその他にも不必要な費用を掛けさせないアパート管理を心がけており

変動費(修繕費、原状回復費等)の削減も実現しております。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問合せ下さい!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事