アパート管理,賃貸管理,賃貸経営に自信があります!!

アパートのサブリース

アパートのサブリースについて

空室リスク、賃料滞納リスク、運用リスクを考えて、サブリース会社にすべての業務を依頼する契約形態があります。

サブリース契約の場合概ね賃料の収入の10~20%がサブリース会社に支払う費用になります。

サブリースのメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリット

①空室の心配がない
空室の部屋の賃料も支払われるため、安定した家賃収入を得ることができる

②契約・更新の手続きが不要
入居前あるいは契約更新時の交渉・契約等の業務はすべてサブリース会社が行う

③建物管理
建物管理もサブリース会社が大家さんに代わりすべて行います

デメリット

①賃料収入が減る
サブリース会社に支払う費用は割と大きいため、通常の管理を行うケースとして経費が割高になる可能性がある(築年数が新しいと経費が少ないため、通常の管理の方が収益が大きくなることもある)

②サブリース会社の信用
サブリース会社とのトラブルで当初契約をしていたサブリース賃料の減額や受け取る賃料の滞納という問題があります。入居者の賃料は一時的にサブリース会社が取得しているためこうしたリスクを考慮する必要があります

③悪質な入居者
サブリース会社によっては空室を埋めるために、入居審査を緩くしている場合があります。そのため、悪質な入居者が入居してしまう事により物件価値が下がってしまう可能性があります

良いサブリース会社の選び方

①物件の調査・分析の能力
同一地域・同規模の物件の空室状況、賃料相場等を調査・分析する能力があり、サブリース賃料の妥当性がある

②テナント募集のノウハウ・能力
入居者の募集方法、広告方法などが明確である

③賃貸管理能力
適切な管理業務を行い、入居者が過ごしやすい物件管理、継続して入居をしてもらる管理業務

④経営信用力
サブリース会社の業績、実績を考慮する

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional