アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

アパート相続の注意点

アパート相続の注意点

相続でアパートを所有する事になった大家さんのお悩みを非常に多くお伺いします。
アパート相続をされた方の殆どが、今まで賃貸経営を行っていない方が殆どで、銀行、管理会社、入居者等への対応を準備なく行う事も少なくありません。こうした対応により大きな不安を抱えてしまう大家さんも多く、多くの方「言いなり」で賃貸経営を行う結果になります。良い会社さんに巡り合えば良いですが、そうではないと物件価値が劣化していく事になります。

相続で急に賃貸経営者になった際の注意点

[check]賃料の送金の流れはどうなっているの?
入居者から支払される賃料はどの様な流れで受領する事になっているか確認しましょう。
入居者⇒管理会社⇒大家さん
入居者⇒大家さん

[check]敷金は誰が持っている?
入居者から受領する敷金は大家さん、管理会社どちらが持っているか確認をしましょう。

[check]管理費、修繕費等の支払方法は?
毎月の管理費の支払方法や修繕費はどの様にして支払っているか確認しましょう。

[check]現状の賃貸募集、管理は適正ですか?
この部分が非常に重要ですが、ご高齢の方が保有する物件の場合、管理会社の方も高齢者であるケースが多いです。募集がしっかり行われていなかった、まったく管理がされていないというケースもあります。相続の際にはこうした部分を見直しましょう。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional