アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

アパート相続の注意点

アパート相続の注意点

相続でアパートを所有する事になった大家さんのお悩みを非常に多くお伺いします。
アパート相続をされた方の殆どが、今まで賃貸経営を行っていない方が殆どで、銀行、管理会社、入居者等への対応を準備なく行う事も少なくありません。こうした対応により大きな不安を抱えてしまう大家さんも多く、多くの方は「言いなり」で賃貸経営を行う結果になります。良い会社さんに巡り合えば良いですが、そうではないと物件価値が劣化していく事になります。

相続で急に賃貸経営者になった際の注意点

金融機関とのやり取り

相続したアパートの建物、土地に借入がある場合、借入の名義変更が必要になります。
ご家族がいる場合、連帯保証を依頼される事もありますので、今後の方針(運用、売却など)を決めた上で話し合いに応じましょう。
また賃料の受取口座が借入をしている金融機関の口座である事が殆どのため、この部分の名義変更も必要になります。

※金融機関の名義変更は相続人である旨の確認が必要ですので、
予め名義変更に必要な書類を確認をしましょう。

相続登記

司法書士に依頼をして相続登記を頼みましょう。
相続登記の際には金融機関同様に名義変更手続きに様々な書類が必要になります。

必要書類の例
遺産分割協議
被相続人の戸籍謄本、除籍簿謄本、改製原戸籍謄本、戸籍(除籍)の附票
相続人の戸籍謄本、本籍地のある住民票、印鑑証明書
アパートの土地・建物の名寄帳及び固定資産税評価証明書

賃貸管理会社とのやりとり

まず管理契約書の内容を必ず確認を行った上で下記事項のチェックを行いましょう。

[check]賃料の送金の流れはどうなっているの?
入居者から支払される賃料はどの様な流れで受領する事になっているか確認しましょう。
(相続が発生すると口座が凍結されてしまうので注意が必要です)

入居者⇒管理会社⇒大家さん 
毎月の賃料がいつ大家さんの口座に送金されるか?

入居者⇒大家さん
毎月の賃料がいつ大家さんの口座に送金され、滞納した場合の措置は?

[check]敷金は誰が預かっている?
入居者から受領する敷金は大家さん、管理会社どちらが預かっているか確認をしましょう。

[check]管理費、修繕費等の支払方法は?
毎月の管理費の支払方法や修繕費はどの様にして支払っているか確認しましょう。

[check]未払いになっていない費用はないか?
毎月々の支払で未払いになっていない費用がないか確認しましょう。
共用部の水光熱費などは引落になっているケースが多いので、
この部分も管理会社が払っているのか大家さんが払っていたのか
確認を行いましょう。

[check]入居予定、退去予定のお部屋はないか?
この部分は管理会社に委託をしていれば連絡が来ると思いますが、
大家さんとして意思決定をしなければいけない事がある場合
注意が必要です。

[check]管理契約書の再締結が必要か?
所有者が亡くなられた場合に相続人に管理契約が一般的には
承継されると思いますが、契約内容など改めて確認をして
再締結をする様にしましょう。

[check]現状の賃貸募集、賃貸管理は適正なのか?
この部分が非常に重要です!
ご高齢の方が保有する物件の場合、
管理会社の方も高齢者であるケースが多く、昔ながらの「なあなあ」で管理を行っているケースが多いです。
募集がしっかり行われていなかったり、管理会社の言われるがまま費用を支払われていたり、管理を引き継いでから初めて知る事も多いと思います。

そうした場合、予め変更などを前提に動いていった方が良いと思います。

相続が発生すると様々な事を行わなければならないので非常に大変です。
また税理士さんに任せきりにしてしまうと多額の費用がかかってしまう事もあります。

日本AMサービスでは相続されるご予定の不動産の管理だけでなく
皆様の立場になり必要な手続きの依頼や交渉などをさせて頂いております。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional