アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

アパート経営の節税対策

アパート経営の節税対策

質問
アパート経営の節税対策を教えて下さい。

回答
アパート経営を行う上で非常に重要なのが節税対策です。多くの方が節税対策=税金を払わない
とお考えですが、節税は「税金の支払いを繰り延べて、次に税金の支払うタイミングを決めたり、
税率などを減らす事」を言います。

節税対策の方法
[check]家族を従業員にして給与を払う(法人にかかる税率よりも個人にかかる税率は低い場合)
[check]経営セーフティー共済を使う(年額最高240万円の税金の繰延ができます)
[check]中小企業退職共済を使う(個人の退職金を作るためにあり、年額最高84万円を退職所得として積み立て可能)
[check]個人型DCを使う(上限額は個人事業者、サラリーマンによって違う)
[check]法人を設立して所得を複数に分ける事により課税税率を下げる(家族などに支払う方法と同じ)

その他にも保険商品などがあるのですが、商品があまりにも複雑なので、
あまりお勧めはできない様に思います。

※掲載されている節税対策は事業規模など諸条件により加入制限があります。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional