アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

三為業者

三為業者

■解説
三為業者とは、第三者の為に不動産を取引する転売業者の事をいいます。
一般的な転売を説明しますと、
物件がA(売主)からB(買主:転売業者)でまず取引が行われ
登記簿謄本にBが記載されます。
その物件をBがC(新買主)に売却をする事でBは転売益など利益を
得る事で商売をしています。

三為の場合は
物件がA(売主)からB(転売業者)に登記されず、
C(買主)に販売する方法です。
しくみは一般的な転売と変わらないのですが、
Bへの移転登記が省略できるのでその分の経費が削減できます。

■日本AMサービスより
かぼちゃの馬車問題から始まったスルガ銀行の問題も
こうした三為業者が扱って物件を購入した方が非常に多く、

上記で言うBは、
「売主なので仲介手数料がかからない」
「スルガ銀行で融資を付けられるのでお墨付き」
などのセールストークをして相当の利益を抜いて売却をしていたと
聴きます。

Aから安く仕入れてCに高く売却するのは商売としては
間違っていませんが、大した吟味もせずに高値で購入してしまい
且つ高金利で借入を行っているため、多くの投資家の方が
厳しい局面に立たされている事も事実です。

形式はどうあれしっかりとした物件の吟味が重要です。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional