アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

媒介契約書

媒介契約書

■解説
ご所有の不動産の売却を依頼する事となった場合に不動産業者さんと媒介契約書を締結します。媒介契約書には3つ種類があります。

1.一般媒介契約 

媒介契約締結後も最初に依頼した不動産業者さんの承諾を得て、他社にも依頼が可能な契約になります。

2.専任媒介契約 

媒介契約締結後は他社(不動産業者)には依頼不可、自己で見つけられたご親族・友人等であれば、その方に売買をしてしまっても問題ない契約になります。依頼を受けた不動産業者は2週間に1度お客様に売却活動の報告を行う必要がございます。

3.専属専任媒介 

媒介契約後は他社への依頼、自己で見つけたご友人等にも売却を行う事はできない契約になります。依頼を受けた不動産業者は1週間に1度お客様に売却活動の報告を行う必要がございます。

一般媒介契約は複数社にも依頼ができるのですが、不動産業者の業務活動の報告義務等がないため、専任、専属で売却活動を依頼をするケースが多いです。

■日本AMサービスより
お客様からのご相談で媒介契約は一般、専任、専属専任のどれが良いのかという事をよく聞かれます。どの媒介契約の種類でも重要な事は「信頼して」「安心して」任せられる不動産業者さんを選ぶ事です。今でも多くの不動産会社さんが双方代理(売主、買主ともに1社の不動産会社が仲介する)を行っているケースがあります。この双方代理は売主、買主、双方のどちらかが不利な取引とされています。それは不動産業者の采配により取引を決めたいがために安い価格で取引されてしまう可能性が高いためです。最後になりますが、媒介する価格、手数料、特に売買する広告の方法を明確にして頂く事がポイントです。

緑賃貸管理サービス

見積もり

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional