アパート管理,賃貸管理,賃貸経営の日本AMサービス

【コラム】入居者募集から入居審査までのポイント

【コラム】入居者募集から入居審査までのポイント

こんにちは日本AMサービスの堂下です。
本日は賃貸経営相談に多い入居者募集から審査までの注意点を
お伝えさせて頂きます。

募集業務

入居者募集は管理会社に任せるよりも物件の最寄駅に店舗がある
不動産会社に任せた方が良い??

と思われる方もいらっしゃいますが、実はそんな事はありません。

地元業者に任せるメリットも当然あると思いますが、
何よりも募集業務で重要なのは物件の情報が多くの人の目に触れる事
です。

地元業者さんの中には自社の店舗に来店されて方にしか情報を公開
しない事があります。

それはオーナーから広告料を貰い、入居者から仲介手数料を貰う事が
できるからです。

こうなると情報の範囲が狭くなってしまうのは言うまでもありません。
もちろんメリットもあると思いますが、事前に募集方法などを確認を
行った上で依頼をしましょう。

これとは逆に管理会社だと募集能力がないのではと考える方もいます。

管理会社の中にはレインズ(不動産業者用の空室情報)に登録しない
図面などに写真が掲載されていないなど
確かに能力不足の管理会社もいますが、そうした会社は無視して、

管理業務に徹底する管理会社はオーナーからもらう広告料を仲介業者に
支払っています。

つまり多くの仲介業者さんが管理会社を通じて自社のお客さんを
紹介して決めても広告料と仲介手数料を得る事ができる様になります。

それが営業マンのインセンティブになるのは言うまでもありません。
また広告料、仲介手数料の範囲で申込者からのリクエストに応える
事もできると思います。

[check]物件情報は幅広く、広告料はインセンティブ

審査

管理を委託されている会社さんは申込みがあった際にどこまでの情報を
開示してくれますか?

賃料、管理費、敷金、礼金、フリーレント有無、広告料などの条件面
保証会社利用の有無
申込者の信用(年齢、性別、勤務先、年収、移転理由など)

よくありますが、入居者がどんな方なのか、まったく把握されていない
方がいらっしゃいます。
また管理会社からまったく条件面などを伝えてもらえないと言う方も
いらっしゃいます。

もちろんしっかりと管理業務を任せられる会社さんなら良いですが、
そうでもない業者さんもおります。

依頼していた条件と違う条件で契約
無職の人で入居した早々に滞納が発生
賃料の発生日がわからないので確定申告の際に困った
敷金などの預かり金を管理会社が持っていた
保証会社に加入していなかった

など様々な問題があります。

不動産はまったく同じ価値の物、状態の物はありません。
アパート、マンションの違い、築年数の違い、間取りの違いなど
その物件に適応した入居者がおのずと決まります。

申込の段階の審査はこうした部分をチェックする事ができます。
必ず申し込みの際は詳細を確認する様にしましょう。

[check]申込審査は物件との適応、契約条件の再確認

緑賃貸管理サービス

ご相談

コメント


認証コード7151

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional